【指輪を売るならどこ】指輪を売ってお金を作る/ネットの宅配買取

何かの記念に自分で買った、または誰かからもらったダイヤモンドの指輪。
あるいは、結婚・婚約など、人生の節目となるときに作った指輪もあるでしょう。
どんなケースにしても、その時に手にした指輪は、決して安い値段ではないはずです。

そんな指輪も、時を経て劣化したり、何らかの事情で処分せざるを得ないことがやってくるかもしれません。

しかし、指輪の状態が悪い・イニシャル入りの指輪は売れない。
そんな風に思って、結局タンスの奥にしまったまま…ということはないでしょうか?

実は、一見価値が無くなってしまったような指輪でも、買い取って現金にしてくれるところがあるのです。

その場所とは、ネット買い取りです。様々な問題を抱えた指輪が、現金に変わる。
これは嬉しいことですよね。

でも、買い取りならお店でもできるんじゃないの?
と思っているあなた。実は、お店で買い取ってもらうためには、様々なハードルがあるのです。

店舗買取のデメリット

お店での買い取りは条件が絞られます。

宝石店や、中古品買取店では、指輪類の買い取りを行っていることもあります。ですが、店舗を通じて買い取ってもらう場合、指輪自体の状態が良くないと、買い取りの対象にはなりません。もちろん、指輪自体のデザインやカッティングも、買い取り対象になるかどうかの条件となります。

何より、婚約指輪や結婚指輪のように、イニシャルが入った指輪は、買い取りの対象にならないのです。よく考えてみれば、誰かのイニシャルが入った指輪を使いたい…とは、思いませんよね。ダイヤモンドの指輪を買うときには、鑑定書が付いてくるものですが、この鑑定書が無いと、査定の対象にならないこともあるのです。

また、ダイヤモンドには指輪のようにリングが付いておらず、ダイヤモンド・ルースと呼ばれるタイプもあります。

こういったダイヤモンドは、どうしても査定額が下がってしまいがち。
店舗でダイヤモンドの指輪を買い取ってもらうにしても、条件が絞られ、状態によっては査定額が伸びないという不利な点があります。

個人売買はもっと恐い

オークションに出すことはできる?

店舗と同じく、イニシャルが入っていないダイヤモンドの指輪なら、オークションに出すことができます。ただし、それも婚約指輪や結婚指輪ではなく、個人が所有する指輪の方が良いでしょう。ダイヤモンドの指輪は、その台座の材質によっても価格が違ってきます。

加えてダイヤモンド自体の状態、購入した年代やデザインも考慮し、価格を決める必要があります。売却に出す場合は、ダイヤモンドの鑑定書も欠かさずにつけましょう。そのダイヤモンドが本物であるという証明にもなります。

宝石という高額なものを出すだけに、他の品物よりも扱いは慎重にしなくてはなりません。搬送の途中で傷がつかないように、ケースに包んだり、衝撃吸収材などを使って梱包する…。これだけでも大変な作業ですが、買い手が付くかどうかはその時の状況次第。必ずしも現金が手に入るわけではありません。

ネット買い取りは、他の買い取り方法に比べると断然便利です!

ネット買い取りの最大の長所。それは、買い取りの条件が幅広いこと。何と言っても、他の場所では買い取りに出せない婚約・結婚指輪までが買い取りの対象になるくらいですから、どんな指輪でも、気軽に査定に出せます。

しかも、ネット上からの査定は24時間いつでも受け付けており、金額も無料です。
タンスの奥にしまったままの指輪。そのまま劣化させてしまうよりも、スピード買い取り.jpのような、ネット買い取り業者を利用していきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク