【東京都民銀行カードローン】関東圏中心に利用されている銀行

東京都民銀行は港区に拠点を置く地方銀行であり、首都圏の中小企業に手厚い金融サービスを行うことで知られていますが、2018年には新銀行東京、八千代銀行と合併してきらぼし銀行となる予定です。
個人向けカードローンでは来店不要、Webにて完結できる「Webカードローン」、各キャッシュコーナーにて気軽に利用できる「パーソナルカードローン」を提供、関東圏を中心に多くの方が利用しています。

東京都民銀行カードローンの3つの特徴

特徴1 インターネットで契約完了できる利便性の高いカードローン

インターネットを介して来店不要の申し込みができるのは忙しい現代人にとって大変重要なポイントです。東京都民銀行の「Webカードローン」は24時間365日受け付けができ、現在口座を取得していない方であっても大丈夫なので多くの方に間口を開いていると言えるでしょう。
実際は申し込みといっしょに口座開設、インターネットバンキング契約を行うことになりますが、これらも来店不要で完了できるのです。

金利は年4.0%~14.0%と低金利ですので初めての方でも安心ですし、最大で500万円までの融資に対応しているのでかなり大きな入用の時にも役立つのです。申し込む方の条件としては満20歳以上65歳未満、安定した収入があれば必ずしも正社員であることは求められませんが、東京都民銀行は地元密着型の銀行でもあり利用できる方は東京都、そして神奈川と埼玉、千葉に在住している場合に限られる点はあらかじめ覚えておきましょう。

特徴2 普段の生活に根差した少額のカードローンもある

東京都民銀行ではもう一つカードローンを用意、通称「パーソナルローン」では30、50、100万円の融資に対応しています。金額の上限が100万円というのはカードローンとしては低く設定していますが、一度に少額の利用、各キャッシュコーナーにての借り入れを想定しているからで、各シーンでより身近に感じられるローンとなります。

低額融資ではあまり低い金利を適用されることが期待できないと思いがちですが、パーソナルローンでは一律年利で9.8%とかなり低い数字を設定、これはかなりお得に利用できるカードローンと言えるでしょう。

加えて公共料金の自動支払いや給与自動受け取り、積み立て預金などで東京都民銀行を利用している場合金利が優遇され、最大では2.0%引き下げられるので該当される方にとってはたいへん魅力的なカードローンとなるのです。

こちらのパーソナルカードローンは特に銀行営業エリア内に在住といった条件は公式サイトに記載されていませんが、前年度の収入が一定以上に達している必要があります。

またその特色を最大限利用するには東京都民銀行との取引が多い方でなければなりませんし、インターネット契約を行っていない点も考慮するとお近くに住んでいる方向けと言えます。

特徴3 様々な場所にて利用できる利便性

どちらのカードローンも東京都民銀行、京王駅ATM、提携金融機関、そしてコンビニエンスストアのATMで借り入れや返済をいつでも行えるので利便性が高く、首都圏以外のどこであっても利用できるのです。インターネットバンキングで指定口座へ振り込むことも可能ですので、使い方は幅広いのも特徴です。

東京都民銀行のカードローンはこんな方におすすめ

Webカードローンは低い金利と最大で500万円までの融資が可能となり、東京をはじめ関東エリアの多くの方、正社員以外でも申し込めるのが魅力です。

またパーソナルカードローンは融資金額の上限が100万円までと少額カードローンではありますが、30万円の利用でも9.8%とたいへん低金利、そして東京都民銀行との取引が多い方であればあるほど低い金利で利用できますから、営業エリアの方にとっては非常におすすめできるカードローンと言えます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク