【荘内銀行】3つのカードローン「べんリッチプラス」「カードローンWEB」「カードローン1000」


荘内銀行は山形県の地方銀行で、少子高齢化やネット環境など社会の変化を適確にとらえて常に最善の金融サービスを提供しています。カードローンでは郵送で完結できる「べんリッチプラス」、さらに利便性のあるWEB完結の「カードローンWeb」、来店を必要としますが最大で1000万円までの融資が特徴となる「カードローン1000」が存在しています。

荘内銀行カードローンの3つの特徴

特徴1 Web完結の簡単な申し込みも魅力だが、低額融資でも低い金利が適用されるのがうれしい

荘内銀行の「カードローンWeb」はその名の通りインターネットによる申し込みを行うカードローンとなります。公式サイトから簡単に手続きを行え、審査を通過した後の本契約も来店不要、必要書類もやはりネットで登録するだけでOKですので店舗に訪れる必要がありません。

利用できる方は全国の満20歳以上70歳未満、そして定期的な収入があることが条件で、荘内銀行の口座以外に振り込んでもらうことができるので口座を取得する必要がありません。銀行カードローンは審査に時間がかかることが少なくなく、荘内銀行もさすがに即日融資には対応していないのですがそれでも申し込みから2営業日程度で利用できることが多いです。

またさらに特徴としてカードローンWebは低額融資であっても低い金利が適用されており、30万円以上の利用で11.8%、70万円以上の利用では9.8%と10%を切るのです。これはその他の金融機関、銀行のカードローンと比べてもかなりの水準で、給料日前の数日間などで少額をひんぱんに利用される方にとってはかなりうれしいサービスとなります。

特徴2 口座がある人はこちらのカードローンもおすすめ

また荘内銀行ではカードローンWebと同じように最大で500万円まで利用できるカードローン「べんリッチプラス」を提供しています。

こちらはWebではなく郵送にての申し込みが特徴で、金利は年5.0%~14.6%となかなかの低金利、満20歳以上70歳未満であって収入のある方であれば大丈夫ですが、荘内銀行の普通預金口座を返済用の口座として利用することになります。

しかしカードローンWebと同じでこちらも全国のコンビニエンスストアのATMで簡単に借り入れや返済が可能ですので利便性は高く、100万円以下の申し込みでは所得証明書などは原則必要ありません。

特徴3 最大で1000万円までの融資を可能とする商品

カードローン1000はその数字が示すように最大で1000万円までの融資に対応したスペシャルなカードローンとなります。銀行カードローンは貸金法の総量規制の適用がありませんから年収の3分の1以上の融資を可能としていますが、さすがに1000万円ともなると一般的なサラリーマンでは難しく、かなり収入の高い方向けの商品となります。
ただしこちらのカードローン1000は少額融資にも対応しており、学生アルバイトであっても申し込みは可能となっています。300万円を超える融資となる場合には所得証明書などの提出が求められるので一応の目安として覚えておきましょう。

荘内銀行カードローンはこんな方におすすめ

荘内銀行ではインターネットを使うことで速やかに、来店を必要としないカードローンの「カードローンWeb」、郵送にての申し込みでインターネットが苦手な人でも簡単に申し込める「べんリッチプラス」、そして驚愕の1000万円融資を可能とする「カードローン1000」を提供しています。

口座を持っている人から持っていない人、そして県外の人であっても申し込めるのが魅力ですし、特にカードローンWebでは少額の融資でも他社のカードローンでのかなり高額融資での金利が適用されるので、細かくひんぱんに利用する人にとっては非常にありがたいのです。様々な用途に使え、様々な人におすすめできるのか荘内銀行カードローンなのです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク