【労災保険の休業給付】とは?/受け取れる条件は?

仕事をしていると予期せぬ事態で労災事故に遭ってしまう事があります。そうなった時には最悪労災事故で休業しないといけなくなって仕事を休む事もあります。
その時に労作保険からお金をもらえます。それが休業補償給付や休業給付といったものです。
 

【受け取れる条件等】

まず休業補償給付ですがこれは仕事中の病気やケガが原因で休んだ場合に支給されるものでこれを受け取る時は労働基準監督署に労働者私傷病報告をする必要があります。
そうしないと休業補償は出ないです。

 

そしてもうひとつあるのが休業給付ですがこちらは休業補償給付と何が違うのかというと休業給付は通勤途中の病気やケガが原因で休む事になった時に支給されます。
これらを受けるには病院からの照明を受ける必要があります。その際には会社に適切に事故の報告を行った上で病院の証明を受ける事になります。

 

なので同じ労災が原因でもらえるお金でも何が原因で病気やけがになったかでもらえるお金が違ってくるので申請する際には仕事中なら休業補償給付の申請を行い通勤途中に起きた病気やケガが原因の休業の場合は休業給付をもらう事になります。

どちらに当てはまるかでもらえるお金が変わってきます。