【大垣共立銀行】3つのカードローン/ザ・マキシム、マキシムミニ、子育て太鼓判

大垣共立銀行は岐阜県大垣市に本店を置く地方銀行です。地域に愛され、親しまれ、信頼されるという理念を掲げて日々金融サービスを提供していますが、女性行員によるアイドルユニット、ドライブスルー専用店舗などを発表したりと非常にユニークな側面を持つ銀行でもあります。

個人向けカードローンでは総合口座を所持している方にきめ細かなサービスを届けることが可能な「マキシマム・ミニ」、少子化対策カードローンを標ぼうする「子育て太鼓判」、そして10万円から最大で1000万円までの融資に対応できる「ザ・マキシマム」を用意しています。

大垣共立銀行カードローンの3つの特徴

特徴1 10万円から1000万円までの限度額を用意した「ザ・マキシマム」

大垣共立銀行カードローンのメイン商品となるのは「ザ・マキシマム」です。こちらはマキシマムの名前通り最大1000万円までの融資を可能とするカードローン商品であり、大垣共立銀行だけでなく国内の個人向けカードローンとしてもまさにマキシマムな限度額を提示していると言えるでしょう。気になる金利は年4.5%~12.0%に設定されていて、1特に大きな金額を考えている方以外であっても低金利を適用される優秀なカードローンとなります。

申し込める方は満20歳以上61歳未満で仕事をしていること、そして大垣共立銀行指定の保証会社の審査を受けることができるという条件をクリアする必要がありますが、銀行営業エリア内の方でなくとも大丈夫な点は重要なポイントです。

また大垣共立銀行の総合口座を開設する必要もないので、いちいち口座開設をしなければいけないその他の銀行カードローンより気軽に申し込めるのです。
低金利で1000万円までの限度枠となる分さすがにスピーディーな審査や回答を期待するわけにはいかないですが、お金を借りたい人にとって大変魅力的なスペックを備えていますし、来店することなくローンカードを送付されるところまで完了させることができるのはやはりありがたいことです。

特徴2 ユニークなサービスを備えた複数のカードローン

大垣共立銀行のカードローンには他にも「マキシマム・ミニ」、「子育て太鼓判」があります。前者は30万円か50万円までの枠しかないのですが、口座引き落としまでにお金が間に合わない時に自動的に融資できる機能を備えているので給料日前のピンチにも対応してくれます。これに関しては「ザ・マキシマム」にもありますが、マキシマム・ミニでは総合口座の開設が必要となるので一応注意点と言えるでしょう。

後者はこの銀行らしいユニークなカードローンで、通常のカードローンとしての機能に自動融資、さらに岐阜県と愛知県に住んでいる方では条件次第で金利の1%引き下げが利用でき、さらに次世代育成支援対策推進法、岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業、愛知県ファミリー・フレンドリー企業のいずれかに加入している企業勤務の方でも同様に金利が1%引き下げられるのです。

特徴3 コンビニエンスストアで利用できる 自分のペースで返すことも可能

いずれのカードローンも銀行、コンビニエンスストアのATMで気軽に借り入れや返済ができますし、口座引き落としも行っています。随意返済で多めに返していけばスピーディーに完済も可能で、利用する人それぞれのペースで付き合っていけるのです。

大垣共立銀行カードローンはこんな方におすすめ

最大で1000万円までの融資が可能な「ザ・マキシマム」に給料日前のピンチを救ってくれる「マキシマム・ミニ」、そして子育て世代に有利に働く「子育て太鼓判」まで、一部の役得を除けば全国の方におすすめできるカードローンを提供できるのが大垣共立銀行カードローンとなります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク