販売ノルマが達成できず自腹。【カードローン】を利用しました

※この記事はカードローン体験者からの投稿記事です。

私は郵便局の契約社員として郵便配達をしています。毎年年末が近づいてくると、郵便局で働く者には年賀状販売のノルマが与えられます。別にノルマを達成できなくてもどうということはないのですが、私は契約社員の身ですから毎年2000枚を購入しています。それを金券ショップに持ち込み買い取ってもらうので、1万円程度の損しか出ないので気は楽です。

今年も年賀状の時期が到来しましたが、私はちょうど車検や結婚式の祝儀の出費が重なり、どうしても年賀状の購入費104000円が捻出できなかったのです。そこで無利息サービスのある消費者金融で借りて、金券ショップで換金してすぐに返そうと考えました。

楽天銀行を持っていたので相性が良いアコムでお金を借りました!

無利息サービスがあるのはアコムとプロミス、アイフルです。あと銀行カードローンですがレイクも候補に入れました。その中から私が選んだのはアコムでした。正直どこも金利が同じで借りられたらどこでも良かったのですが、私は楽天銀行の口座があるのでアコムと相性が良いのでアコムに決めました。アコムは楽天銀行の口座があると、曜日や時間を気にすることなく振込み融資が受けられます。これは申し込み当日から使えるので大変便利です。

申し込みは仕事が休みの平日の昼間にスマホから行いました。するとすぐにアコムから電話があり、本人確認やお金の使い道などを聞かれました。ちなみにお金の使い道は年賀状購入とは言わず、ショッピングのためと答えました。その後在籍確認を行うと説明されましたが、私は契約社員なので若干不安でした。

後で係長から何も言われかなったので問題無かったようです。そして無事に審査に通り、融資限度額は20万円となりました。即効で楽天銀行の口座に104000円振り込んでもらい、翌日年賀状を購入したのです。そして金券ショップで換金し、足りない分と合わせて次の給料日に全額まとめて一括で返済し、無利息で利用できたのです。

在籍確認に不安はあったものの、誰にもバレずに借りれました

私のように返済するアテのある人間にとって、無利息サービスは大変ありがたいと実感しました。在籍確認は若干不安でしたが、誰にもカードローン利用はばれませんでした。これなら来年以降も消費者金融を変更して、無利息サービスを使えそうですね。ちなみに今のところアコムは先程の1回こっきりの利用ですが、万が一の時に備えて解約せずに大切に保管しておこうと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク