豊富なラインナップの【西日本シティ銀行】カードローン

福岡市博多区に本店を置く西日本シティ銀行は2004年、西日本銀行と福岡シティ銀行の合併によって誕生した地方銀行で、現在九州内でも最大級の店舗数を設置して日々地元経済の活性化をサポートする金融サービスを行っています。

個人向けカードローンではかなり多彩なラインナップを誇り、一般の方向けから住宅ローンを利用中の方向け、そして女性専用から学生専用、子供の教育費でのお金限定のものから自宅を抵当に自由な出し入れ可能なカードローンなども用意しているのです。

 

西日本シティ銀行の3つの特徴

特徴1 働く方に多彩なカードローンを用意

働く一般の方向けに提供しているカードローンは「NCBカードエース」で、こちらは西日本シティ銀行の口座を持っている方はもちろん、持っていない場合でもインターネットで申し込みが可能で、持っている場合はWEBにてすべての手続きを完結させることができるので来店する必要がありません。

そして利用可能枠は10万円から最大で300万円、金利は年13.0%~14.95%となっており、実はそれほど大きな特徴は見つけることができません。

口座をすでに持っていて300万円までの融資を比較的短期間利用するのであればそれなりにメリットを感じる事のできるタイプで、なおかつ口座残高が不足している際の公共料金の支払い時にチャージしてくれる機能が必要な場合重宝するカードローンとなります。

もう少し多めの金額が欲しいという場合には「ブイクラス」がおすすめで、こちらは50万円から最大500万円までの融資を年3.0%~7.1%で借りられる非常にハイスペックなものとなります。

ただし満20歳から満64歳以下で前年度の年収が400万円以上であること、住宅ローンを利用しているなどの条件が求められているのでフリーターなどが利用することはほぼ不可能となっています。

さらに女性向けカードローン「キレイのトビラ」なるタイプも存在しており、こちらは最大で300万円までの利用枠で金利が年11.0%~12.95%とNCBカードエースよりも低く設定
されているのが特徴です。

 

消費者金融でも女性専用ローンを提供、そして申し込む際のオペレーターが女性であったりするのですがこのキレイのトビラでも
同様なサービスとなっており、それによって雰囲気が生まれるようです。

これらすべては西日本シティ銀行に在住、勤務している方であることが最低条件ですので、九州の方のみのサービスとなります。

 

 

特徴2 学生に関する2つのカードローン

学生や保護者向けにカードローンが用意されているのも西日本シティ銀行の特徴です。

「NCB学生奨学ローン」は短大・大学・大学院・専門専修学校に進学または在学中の満18歳以上30歳以下の方が対象で、在学中は年2%の金利しか発生しませんし、卒業後も4.8%の金利で
返済することができます。

 

また保護者向けには「NCB EZ教育カードローン」が用意、最大で500万円までの枠内でご子息が在学中は自由に出し入れすることができるのです。

九州地域に住んでいる方、なおかつ学生に関するローンですので対象の方はあまり多くありませんが、通常の教育ローンとは仕様が違うので人によっては重宝するでしょう。

 

 

特徴3 家を抵当にしたカードローンも存在する

さらにユニークなカードローンとして「NCBリバースモーゲージ」があり、こちらは自宅を担保に利用範囲内で自由に出し入れできるタイプとなります。

セカンドライフなどでお金を用意したい場合に選ばれる方が多いですが、契約者本人が亡くなった際に残高があると原則家を売却することで支払いに充てますが、その際に債務が残っていても遺族等に請求されることはありません。

 

 

西日本シティ銀行カードローンはこんな方におすすめ

一般の方ではフリーターやアルバイト、そして年収が高い方向けのものから女性専用まで用意しており、また学生向けに保護者向け、さらには自宅を担保にするカードローンなど、非常に豊富なラインナップを誇るのが西日本シティ銀行です。

 

九州エリアに住んでいるのでしたらぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

西日本シティ銀行の支店がある九州全域の人が利用対象者となります。