【三井住友銀行のカードローン】ネットでOK!3つの魅力/審査・金利・申し込み

三井住友銀行は三井住友フィナンシャルグループの子会社、そして日本を代表するメガバンクとして有名です。大手の消費者金融であるプロミスを傘下にしており、そのことによってカードローン等の個人向け金融商品のサービスも向上、多くの人に役立つ存在になっています。

三井住友銀行のカードローンの3つの特徴

三井住友銀行のカードローンの特徴1 銀行系カードローンの魅力、低金利にて多額の融資を受けられる

消費者金融では貸金業法の改正によって総量規制に関する項目が誕生、原則年収の3分の1以上の借り入れはできなくなっています。しかし銀行が個人に提供する金融商品には貸金業法ではなく銀行法が適用されることになり、消費者金融よりも多額の融資に対応可能なのです。

三井住友銀行のカードローンの場合最高で800万円までの融資ができますので、一般の方で金額が足りないと感じることはまずないですし、また銀行系カードローンの大きな特徴である低金利も魅力で、年利4.0%~14.5%の中で借りることができるのです。

基本的に借り入れ額が増加するごとに低金利が適用され、まとまった金額を必要としている方ほどお得になると言えますが、さすがに最近は年収を超えてしまうような融資は新たな社会問題になりかねない、として多くの銀行で自主規制をかけています。それでも融資額に関しては消費者金融よりもアドバンテージがあると言えます。

 

三井住友銀行のカードローンの特徴2 日本中どこにいても申し込み、借り入れができる

メガバンクは東京、そして主要都市を中心に店舗展開しており、地方在住となるとなかなかアクセス性が不便といった問題があります。また金融業界も再編、リストラクチャリングが今後進んでいくことが確実視されていますから支店を増やしていくようなビジネスモデルは今後あり得ず、今まで以上にインターネットの重要性が高まっていくのです。

三井住友銀行でもパソコンやスマートフォンからの申し込みにしっかり対応しており、電話や郵送などインターネットが苦手な方でも大丈夫です。

 

またインターネットバンキングをすでに利用されている方の場合ではより簡単に行えるのが特徴で、審査が通ったあとはお手持ちのキャッシュカードがそのまま借り入れ、返済の機能を備えてくれるのです。もちろんその他のカードローン同様にコンビニエンスストアのATMだって利用可能ですから、日本中どこにお住まいの方であっても不便を感じることがないのです。

 

三井住友銀行のカードローンの特徴3 メガバンクならではの安心感、在籍確認でそのまま会社名を伝えてもらってもバレにくい

消費者金融よりもメガバンクの信頼感や安心感というのはやはり大きく、これは在籍確認の電話が会社にかかってくる場合でも当てはまります。通常消費者金融では会社名を伏せて個人名でかけてくる配慮がなされているのですが、これがけっこうクセモノで、電話を受けた担当者がカードローン等利用者であった場合などはほぼお金を借りようとしていることがバレてしまいます。

しかし三井住友銀行がそのまま連絡をしてきたという場合、まず怪しいと感じる方はいませんから、会社にバレたくないと感じている方には強くおすすめできるポイントです。

 

三井住友銀行のカードローンはこんな方におすすめ

メガバンクが提供するカードローンですので安心と信頼感はバツグン、当然カードローン初心者であっても収入があるのであればまず断られることはありません。銀行のカードローンというのは一般に審査が厳しい傾向があり、仮に今現在幾つも債務がある場合は融資が難しく、また即日融資もほとんど期待できません。

ただし金利は消費者金融と比べるとかなり利用者に有利に設定されていますし、総量規制の対象外による多額の融資は大きな魅力です。急な出費に対応させるというよりも、少しでも有利な条件でまとまったお金を借り入れたい方が長期的に返済していく際に役に立つのが三井住友銀行のカードローンと言えるでしょう。