【紀陽銀行カードローンプラス】70万円から金利が年11.80%ハイスペックカードローン

紀陽銀行は和歌山県和歌山市に本店のある地方銀行で、和歌山県内はもちろん奈良県、そして大阪南部にも多くの支店を抱えています。
個人向けカードローンではキャッシュカード一体型の「紀陽銀行カードローンプラス」を用意しており、10万円から最大で800万円までの融資で金利は年3.8%~14.9%が適用、多くの方の様々なシチュエーションをフォローしているのです。

紀陽銀行カードローンの3つの特徴

特徴1 70万円の利用で金利が年11.80%を適用されるハイスペックカードローン

「紀陽銀行カードローンプラス」は紀陽銀行の営業エリア内の方に向けて提供されるハイスペックカードローンとなります。10万円から800万円までとかなり幅広い融資額を設定していますが、比較的低額融資である70万円から金利が年11.80%を適用されるのが特徴で、多くの方が低い金利にて利用することが可能となります。

正社員はもちろんですが、パートやアルバイトでも満20歳以上65歳未満で年間通じて安定した収入があればその大小を問わず30万円までの融資を受けられますし、配偶者に安定した収入のある専業主婦であってもやはり30万円までなら大丈夫となっています。

ただし営業エリア内の方のみが対象となっているカードローンでもあり、また300万円以上の借り入れをする際には実店舗に足を運ばなければならないのは少し難点と言えるかも知れません。

また東京にも支店はありながらそこでは受け付けをしていないこと、そしてキャッシュカード一体型のカードローンですので口座開設は必須であることは覚えておきましょう。
しかしながら一度取得しておけば手数料や年会費一切無料ですし、もしもの際に必ず頼りになるので申し込み可能な方は検討してみて損はないと言えます。

特徴2 住宅ローン新規契約時に一緒に申し込めるカードローン

銀行営業エリアの方のみのカードローンでは取引に応じて金利の優遇を受けることができますが、紀陽銀行でもそういったサービスを実施しています。「紀陽銀行カードローン住宅ローン新規契約者専用プラン」がそれにあたり、住宅ローン新規契約時のみですが特別に低い金利にてお金を借りることができるのです。

こちらは最大でも300万円までしか借りることができないのですが、その代わり金利は利用額ごとに年4.5%~11.5%が適用、なかなかのスペックですので住宅購入とセットで必要な家具やその他の出費に充てるようなケースが多くなっています。

また新規のみではありますがそれは借り換えローンも含んでおり、他行でしばらく住宅ローンを返済していた方が紀陽銀行に乗り換えることで急な出費に間に合わせることもできるのです。特性上こちらも東京支店以外の営業エリアの方が対象になっている点は覚えておきましょう。

特徴3 キャッシュカードをそのままカードローンに使える

借り入れも返済も紀陽銀行だけでなくコンビニエンスストアのATMが利用可能で、全国で使える点は大きなメリットです。ボーナス等で余裕がある時では多めに返すこともできますし、また公共料金の支払い時に入金し忘れていても自動でチャージしてくれる機能がついているのも細やかな配慮です。
キャッシュカードをそのまま使える点も実は大きなポイントで、カードを増やすことがないのが多くの方に好評となっています。

紀陽銀行カードローンはこんな方におすすめ

紀陽銀行カードローンは最大800万円までの融資に対応していますが、そこまで必要としない場合でも低金利で利用できるのが特徴となります。営業エリアの方で満20歳以上65歳未満であれば申し込みは可能、そして住宅ローンを契約時にさらに低金利のカードローンを申し込めるのも魅力です。

公共料金の支払い時に自動でチャージしてくれる機能もあるのでつい忘れるということなく、キャッシュカードをそのまま使えるのもポイントです。紀陽銀行になじみのある方には検討に値するカードローンと言えるでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク