タンスに眠った【毛皮のコート】を売ってお金を作る/ネットの宅配買取

セーブル、ミンク、チンチラ、、毛皮のコートやショールなど、冬用に買った高級服。今年の冬も着ようと思っていたら…。虫食いや日焼けの跡があったり、サイズが合わなかったりして、着られなくなった。

あるいは、今どきの流行デザインには合わない、古臭いもので着る勇気がない。
そんな悲しい思いをしたことがある方も、多々いらっしゃるのではないでしょうか?

折角奮発して買った、とっておきのコート。それが着られなくなってしまったら、使ったお金がもったいないです。

となると、ごみとして処理するしかないのか…。なんて、あきらめるにはまだ早いです。毛皮製品は、買い取りに出してお金に換え、新たな資源として活用しましょう。

毛皮製品を買い取りに出すなら、家に居ながらにして手続き・査定ができるネット買い取りが一番!お手軽で確実に、現金に変換が可能です。まとめて買い取りに出したい。という場合にも、ネット買い取りは活躍してくれます。

買い取りはネット以外でもできるんじゃない?と思ったあなた。
もちろん、ネット買い取り以外にも売却手段はあるのですが、それらの方法にはいくつか問題点があります。

店舗買取のデメリット

店舗買い取りはシーズンが限られる?

夏や冬など、限られたシーズンしか利用されない洋服類は、買い取りシーズンが限られている場合があります。夏真っ盛りの今、冬物を売ろうとしても、買い取り対象外にしている店舗も中にはあります。

シーズンに関係なく衣類を買い取っている店舗でも、毛皮の状態が悪かったり、希少な毛皮やノーブランドの毛皮だと、買い取りができないこともあります。
店舗で買い取りを断られてしまったら、その店舗で毛皮を処分してもらうか、持ち帰って他の売却方法を探すかのどちらかしかありません。

毛皮製品は管理が大変な分、厳重に管理していても、思わぬ汚れがついてしまうもの。キチンと管理したはずなのに、思わぬ場所に汚れができていて、泣く泣く買い取りを断念…という、悲しい結果になってしまう可能性も、 店舗買い取りの場合はあるのです。

また、買い取り価格についても、その店の査定基準が大きく関わってきますので、思っていたより低い値段だった。というケースもあり得るのです。

個人売買のデメリット

個人売買は買い取り手を探すのが難しい?

店舗を介さない個人での売買ですと、オークションやフリーマーケットなどがあります。
売る値段を自分で設定できるため、買い手が付けば納得の形で取引が成立するのですが、そこに至るまでの道のりは大変なものです。

毛皮製品の状態を見て値段を決め、それを買い手に提示し、買い手はその情報を元に、買うかやめるかを判断する。

より高く、より確実に買い取ってもらうためには、売り方をどう工夫するかにかかっています。値段が高いのに毛皮の状態が悪ければ、買い手からクレームが来ることもあります。

逆に、毛皮の状態が良くても安い値段を付けてしまえば、こちらが損をすることになります。個人売買で売りに出すのなら、適切な価格をつけたうえで、買い取り手を探さないと失敗してしまいます。その毛皮はいつ購入し、使用したことがあるのか・ないのか。現在の状態に問題はないか。

オークション画面に掲載する写真以外にも、詳細な情報を開示しないと、買い手からの信用を得るのは難しいのです。

だからこそ、ネット買い取りが一番

店舗や個人の売買に比べると、買い取りまでの手続きが非常に楽なのが、ネット買い取りのいいところ。

毛皮の状態が悪くても、お店では買い取り対象外にされてしまったノーブランドや希少種などの毛皮も、ネット買い取りなら取扱いOK!商品の状態や購入時期、使用・未使用に関係なく、その時点での毛皮の状態をしっかりと見て、査定をしてくれます。

また、ネット買い取りの最大の特徴として、24時間受け付け可能という点があります。
もう着なくなってしまった毛皮製品がある方は、スピード買い取り.jpのような業者で、無料査定に出してみましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク