【常陽銀行カードローン】キャッシュピット/茨城県を中心にエリア内の方

常陽銀行は茨城県の銀行ですが、2016年に栃木の足利銀行の金融持株会社、足利ホールディングスと経営統合、それによって誕生しためぶきフィナンシャルグループの傘下に入ることになりました。
カードローンは常陽銀行口座を持っていると最短即日融資にも対応、低い金利と最大800万円までの融資で人々のライフプランをサポートする「キャッシュピット」を提供しています。

常陽銀行カードローンの3つの特徴

特徴1 銀行カードローンなのに最短で即日融資にも対応、申し込みも簡単に済ませられる

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」は銀行系カードローンながら素早い融資で急な出費にも応えます。常陽銀行の口座を持っている必要がありますが、最短では即日融資が可能な点はやはり大きな特徴の一つですし、申し込みそのものは来店する必要がなくインターネットやファックスで簡単に済ますことができ、審査通過後も契約書を郵送、ファックスすれば間もなくサービスを利用開始できるのです。

普段仕事で忙しい方にとってうれしいポイントですが、郵送にて資料の取り寄せも可能であり、じっくりと考えてローンを選びたい人でも安心です。

また常陽銀行の口座は必ずしも開設する必要はなく、茨城県、栃木県、福島県に住んでいて満20歳以上75歳未満の一定の収入さえあれば誰もが申し込みを行えるので正社員ではない方、アルバイトやパート、そして年金受給者であっても大丈夫です。

特徴2 用途は自由、人々のライフスタイルに合わせたサポートが受けられる

キャッシュピットは特に使い道が限定されておらず、事業資金、投機目的以外であれば基本的に何であっても間に合わせることができます。

慶弔費や自身の結婚資金、家電の買い替えや旅行費用、そしてちょっとした生活費の足しになど、多くの方があらゆる用途で利用しており、その自由性は無限大と言えます。もちろん安易な借り過ぎは要注意ではありますが、キャッシュピットは年利が2.5%~14.8%となっており長期的な利用でも支払う金利は消費者金融と比べるとかなり少なく済みます。

また年会費などは一切発生せず、特にこれといった目的がなくとも備えておけばいざというときに役立てることができるのです。

特徴3 コンビニエンスストアATMにていつでも自由に借り入れができる

キャッシュピットはカードローンですから借り入れや返済はATMを使うことになります。常陽銀行、提携金融機関、そしてコンビニエンスストアが利用できますので、基本的にどこにいたとしても、365日いつでも不便を感じることなくお金の出し入れができるのです。

返済金額に関しては利用残高に増えていきますが、10万円までの借り入れなら利用している限度額によってはたった1千円で済みますし、多めに返して返済期間の短縮、つまりは完済までに支払う金利の軽減も可能です。

自分のペースに合わせて返していけるのはカードローンの大きな特徴と言えるでしょう。

常陽銀行カードローンはこんな方におすすめ

常陽銀行の営業エリア内の方のみのカードローンですので全国の方向けのサービスとは言えないのですが、金利の低さ、使い勝手の良さはやはり魅力的です。来店不要で利用開始までのすべての手続きを完了させることができますし、条件によっては即日融資にも対応しているので忙しい方、急いでいる方にもおすすめです。

遊興費やスキルアップするための学習費、大きな買い物や生活費の足しなどあらゆる用途で使える自由性はとても魅力、また使ったあとの返済も本人次第で支払う金利を軽減させることができるので自分のペースで付き合っていけるのです。

年会費も必要ありませんから、常陽銀行が身近な人にとってもしもの時に備えておいても損のないカードローンと言えるのです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク