【児童扶養手当】とは?母子家庭・父子家庭などで支給される手当

児童扶養手当とは

児童扶養手当とは、父母が離婚や死亡し父母から養育を受けられなくなった時に地方自治体から支給される手当です。母子家庭や父子家庭、または父母の代わりにこどもを養育する家庭がその対象です。こどもが18歳になるまでこの手当は受けることができます。

児童扶養手当 所得制限

しかし所得によって支給される額が異なってくるので注意が必要です。こども一人を扶養する母子家庭の場合、おおよそ年収が130万円以下であれば全額支給されますが、年収が130万円~365万円ぐらいだと支給額は減額され一部支給の対象になります。また年収が約365万円を越えてしまう母子家庭には児童扶養手当は支給が停止されます。
また、ひとり親になった後に親と同居をしている場合は、親の所得を含めた世代単位での所得に応じた支給額になるので注意が必要です。

児童扶養手当 支給日

児童扶養手当は指定した銀行口座に4月、8月、12月の3ヶ月に一度、4ヶ月分がまとめて振り込まれます。ですので児童扶養手当の支給を申請する際には、振り込みを希望する口座の通帳や印鑑などを持参してください。また本人確認書類やマイナンバーカードか通知書も忘れないように気を付けてください。申請場所はお住まいの地方自治体の窓口です。

https://strongpoint-ch.com/category/money/moraeru/

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク