【福島銀行カードローン】グランフリー・フリーライフ・ニューイーベ・学問の助

 

福島銀行は福島市に本店を構える第二地方銀行で、県外では仙台市や水戸市、さいたま市に支店を進出させています。

個人向けカードローンとしてはインターネットで気軽に申し込みができる「グラン・フリー」、「フリーライフ」と「ニューイーベ」が存在しており、他にもスピード感を重視する人向けに最短で即日回答を得られる「イーベ」、そして兄弟でも引き継げる教育カードローンである「学問の助」などかなり豊富なラインナップを誇っています。

 

福島銀行カードローンの3つの特徴

特徴1 限度額や申し込み方法が異なるカードローンを豊富に用意

福島銀行からはレジャー資金から慶弔費、大きな金額のショッピングなど使い道自由なカードローンを複数用意しています。

「グラン・フリー」は10万円から最大で1000万までの融資に対応しているビッグサイズな商品で、金利は年3.8%~13.8%が適用されることになります。

300万円までの融資であれば3.8%、6.8%、9.8%、11.8%、13.8%のいずれかの金利にて借り入れできるのですが、これは審査によって個人ごとに違ってくるのです。詳しい条件は分かりませんが1000万円ではなく300万円を3.8%で借りることができるとなると日本でも屈指の低金利カードローンに変化しますので、
高いスペック性を擁していると捉えることが可能です。

「フリーライフ」は10万円から500万円までの融資、そして金利は年4.8%~14.6%となっており上限金利は少し高めとなっています。

 

そして「ニューイーベ」は10万円から1000万円までの融資、金利は3.8%~13.8%とグラン・フリーと同じスペックになっているカードローンですが、300万円以内であればWEBにて完結させることができると喧伝されています。

 

ただしインターネット申し込みのできない最大300万円までの融資かのうな「イーベ」も含めて、口座での引き落としの返済があることを考えると福島銀行の普通預金口座を取得する必要があり、基本的には福島銀行営業エリア内の方向けのカードローン商品と捉えておくのがいいでしょう。

 

数多いカードローンはそれぞれ審査する保証会社が違っており、それらで信用度が低いと審査に落ちてしまいますのであらかじめ注意が必要です。

 

 

特徴2 口座引き落としで毎月返済 もちろんカードでどんどん元本返済を行える

それぞれのカードローンには返済日が定められており、口座から引き落とされることになりますのでその日までに入金する必要があります。

もちろん随時返済を行ってどんどん元本を減らしていくと支払う金利の総額を少なくさせることができますので早く返したい方でも大丈夫です。

福島銀行のATM、そしてコンビニエンスストアのATMも使えるので全国でいつでもお金を用立ることができるのです。

 

 

特徴3 兄弟で引き続き使うこともできる教育カードローン「学問の助」

福島銀行は少し特殊なカードローンである「学問の助」と呼ばれる教育ローンも存在しており、こちらでは教育に関する使い道であればいつでも自由に出し入れできるのです。

 

また兄弟で継続利用できるのでお子さんが複数いる方に特に役立つローン商品と言えるのです。

金利は年4.5%で固定、最大で500万円まで利用可能ですのでかなり幅広く対応させることができます。

 

 

福島銀行カードローンはこんな方におすすめ

福島銀行からは複数のカードローンが登場しており、自分にとってどれが一番ふさわしいのか少し迷ってしまう点があります。

ただし大きく分けると300万円までの融資ができる「イーベ」、そして500万円までの「フリーライフ」、あとは1000万円までのカードローンとお金を必要とするお子さんを抱える方向け限定の「学問の助」となります。

 

最終的に店舗に出向くことになるのがほとんどですので、お近くに福島銀行がある方にとって重要性が高いカードローンと言えるのです。