【八十二銀行カードローン】はちのにかん太くんカード

八十二銀行は長野県長野市に拠点を置く地方銀行であり、その名前の由来は1931年に第十九国立銀行と 第六十三国立銀行が合併した際の合計数字となります。
個人向けカードローンは通称「はちのにかん太くんカード」であり、年利5.5%~14.5%、最大で500万円までの融資に対応した点が多くの方に受け入れられています。

八十二銀行カードローンの3つの特徴

特徴1 地方銀行発信のカードローンだが全国の方に間口を開いている

八十二銀行がお届けするカードローンの「はちのにかん太くんカード」は消費者金融で有名な株式会社アコムが審査を担当していることもあり、地方銀行カードローンでありがちな銀行営業エリアで勤務、もしくは在住の方のみといった条件は設定されていません。つまり全国の方がその利用対象となり、これは地方銀行発信のカードローンでありながらもかなり間口の広い点が特徴となっているのです。

金利に関しては年5.5%~14.5%、500万円までの融資に対応していますが。300万円未満での金利が14.5%、300万円以上500万円未満では9.0%ととなっている点は少し割高に感じられるところです。
それでも少額融資で14.5%となるとアコムを直接利用するより割安と言えますし、銀行口座を八十二銀行で開設する必要もなく、真に全国の方向けのサービスであることを実感できるのです。

特徴2 インターネットでのスピーディーな申し込み、全国で利用できる利便性

はちにのかん太くんカードを申し込むには電話やファックスはもちろんインターネットを介しての方法もあり、店舗の営業時間に影響されないスタイルで誰もが気軽に行えるのです。また銀行口座の開設も必要はありませんが、持っていればよりスピーディーな審査を受けることができるのも特徴です。

ちなみに50万円未満までの申し込みであれば収入証明書は必要としません。
申し込んで審査を通過、利用開始となった後はいつでも気軽に八十二銀行、提携金融機関、そしてコンビニエンスストアのATMを借り入れや返済の窓口として使用でき、まさに全国対応のサービスを実感することができるのです。

10万円までの借り入れであれば毎月の返済はわずか2000円、その後は10万円の借り入れが増える度に約定返済金額も2000円増加していくといった分かりやすいシステムを採用、計画的に利用できる一助となっています。

特徴3 振り込みサービスを利用すると口座引き落としの際に役立つ

はちにのかん太くんカードでは普通にカードローンとして利用できるだけでなく、振り込みサービスがあるのがさらなる特徴となります。これは契約者の八十二銀行普通預金口座へお金を振り込んでくれるサービスであり、今すぐに銀行口座にお金を必要とする状況、公共料金の支払いやクレジットカードの引き落としなどの際にどうしても手持ちがない場合に役立てることができるのです。
このサービスは電話か八十二銀行のホームページから利用することができます。

八十二銀行カードローンはこんな方におすすめ

地方銀行発信のカードローンとしては珍しい全国対応型の「はちのにかん太くんカード」。金利に関して言えば正直なところ銀行カードローンとしては高水準とまで言えないのですが、それでも営業エリア内の方以外にサービスを提供しているのは大きな特徴ですし、500万円までの融資はほとんどの一般人にとって十分すぎる限度額です。

全国のコンビニエンスストアのATMを借り入れや返済で利用できるのは利便性という意味で最高ですし、振り込みサービスでは緊急時の金策として必ず役立てるものです。
カードの維持費、年間費なども一切存在しませんから、全国の方におすすめできるカードローンなのです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク