【お金を借りる】一時的でもいいならカードローンもアリ!

日常生活の様々な場面で「突然の出費」はつきものです。
何とか今日中にお金を用意したいけど、手持ちは無いし、誰かに借りる訳にもいかない…。

給料が出たらすぐに返すから一時的にお金を借りたい

そんなとき、即日でお金を貸してくれるのが、カードローンです。近年のカードローンは対応がより柔軟になり、以下のようなメリットができ始めました。

1:即日融資が可能なのはカードローン

カードローンと言うと、審査に時間がかかるのかな?実際に現金を受け取れるのはいつなのかな?という具合に、審査のじかんと現金を受け取れるまでの期間が気になるところです。
以前は時間がかかっていた審査も、近年はよりスピーディーになり、審査に通れば直ぐ借り入れ!という流れも、定着してきました。
また、最近はインターネットを用いた簡易審査というシステムも設立し、最短30秒ほどで、借り入れができるかどうかが分かる事前審査もできるようになりました。
これも合わせて利用すれば、どのカードローン会社なら借り入れができるのか、より明確に把握できます。

2:パート・アルバイトの方でも大丈夫。収入があれば、借り入れが可能です。

カードローンの審査項目は、会社によってまちまちですが、もっとも大きな点は、借り入れを希望する時点で収入があるかどうか。

職種は問わないので、非正規雇用のパート・アルバイトでお勤めの方でも、借り入れができます。
そのため、結婚していてパートやアルバイトをしている女性(又は男性)でも、その収入の範囲内で借り入れをすることができます。
もちろん、自営業でお店を営んでいる方も、借り入れは可能ですのでご安心ください。

3:申し込みはネットからでもOK!無利サービスも!

カードローンによる借入を知られたくない。そんな方に便利なのが、ネット上からの申し込みです。ネット上からの申し込みであれば、わざわざ時間を作って窓口や無人ATMに出向く必要もありませんし、申し込みも、家族が留守の時に行えば完了してしまいます。
さらに、プロミスやアコムなど人気のカードローンは初回は無利息サービスがあるので一時的に借りるのであれば無利息でお金を借りる事ができます。

ここまでは「カードローン」という手段を紹介してきましたが、お金の借り入れは、銀行でも可能です。
しかし、カードローンと違い、銀行の借り入れは次のようなデメリットが生じてしまうのです。

カードローン【ネットで審査】今すぐ申込はコチラ

銀行の借り入れは、審査項目が厳しい?

銀行の借り入れにおいてもっとも重視されるのは、借り入れ希望者が信頼できるかどうかです。
貸したお金をきちんと返してくれるのか。そのために、現在の収入や返済の見込みなど、事細かにチェックしていくため、必然と審査項目が厳しくなります。
審査自体も結果が出るまで時間がかかったり、挙句の果てに借り入れ不可能と判断されれば、時間も手間も無駄になってしまいます。

銀行によっては、口座を作ることもあるんです!

借り入れと言うと、単にお金を貸してもらうだけでは済まない場合もあります。
特に銀行からの借り入れをする場合、新規で口座を作らなければならないときもあります。そうなると、借り入れの審査以外にも必要な手続きが発生するため、余計に手間や時間がかかってしまうことも。
ほんの少しだけ借り入れをしたいのに、わざわざ口座開設。こんな思わぬ事態に出くわすことも、銀行のローンでは珍しくありません。

カードローン 利用者体験談

生活費が足りなくなり出費も増えたのでカードローンで借りようと思いました。なぜ出費が増えたのかと言うと、私自身の病気になった治療費がかさんだことです。後で医療費が戻ってくる申請をすれば現金は戻ってくるのですがその医療費がまず足りないのでカードローン利用をしました。

実際利用した感想はとても便利なカードローンだったと思います。私の利用したカードローンは店舗での申し込みをしたから審査がすぐに終わって翌日から利用出来ました。審査スピードが驚きでした。そして利用しだすと借り入れも返済もコンビニのATMで利用が出来たことが便利だなと感じました。コンビニのATMならば365日24時間自分のタイミングで利用出来ます。カードローンの店舗は遅くても12時までなので日付が変わってしまうと利用が出来ないということがあり私は仕事柄多々利用できない日が続きました。

そしてそんな時にカードローンのスタッフの方に相談したらコンビニで利用出来ることをアドバイスいただいて実際に利用してみたらとても便利だと感じたのです。周りの視線も気になりません。コンビニで普通にキャッシュカード利用していると思われるくらいどお金を借りている人とか返している人と思われる心配がなかったのです。そしてこのコンビニの利用する利用料がなんと手数料無料だったのでそこも良かった点です。

カードローンを利用しようと考えたきっかけは持って置くことで急な出費を必要とする時にとても便利と言う点です。カードローンと言うと借金と言うネガティブな印象がありますが、私しては特にネガティブさはなく、むしろ急な出費がある時に手持ちのお金がない場合に柔軟に対応が出来て、満足しています。
今も少しずつカードローンを使うようにしている事もあり、その理由は限度額を上げていこうと考えているからです。
銀行系カードローンはとにかくこの人が支払いをするのに大丈夫なのか信用力で貸している事もあり、実際に利用していて返済を滞らせないことで銀行側に信用をつけることで限度額を上げてもらえます。私自身は限度額が最初は50万円になっていましたが、少し出ずつ利用する事で今は相手側から審査を通ったとこちらから依頼したわけでなく、お話が来たためにそれに同意し、今では200万円の限度額に引き上げられました。
その分、200万円まで借りられるだけでなく、金利も安くなったために返済が楽になりました。今後も少しでも利用し続けて限度額を上げていければと思っています。実際に使ってみてとても便利です。特に使うのがコンビニでのATMからの出金で、手数料も全くかからないために必要であれば、すぐにコンビニに向かえるために柔軟性が合って便利と言えます。

一時的に借りるならカードローンもあり まとめ

とにかくすぐにお金を用意しないといけない!
そんな時、銀行よりもカードローンの方が便利であることは、明らかです。
カードローンを行っている会社の中には、様々なサービスを提供しているところもありますので、プロミスを始めとするカードローンを、色々と探して検討してみるのが良いでしょう。

その他 お金を借りる方法

市役所からお金を借りる方法

意外と知られていませんが、市役所でお金を借りる事ができます。役所なんかからお金なんて借りることができるの?と思うかもしれませんが、正確に言いますと貸してもらうことができる制度があるのです。
それが生活福祉資金貸付制度という制度になります。この生活福祉資金貸付制度とは、収入が少ない世帯に対して国が金利をなしで、或いは極めて低金利で貸してくれるようになっている制度になっています。
生活福祉資金貸付制度には大きく3つの種類があるのです。それが総合支援資金、福祉資金、教育支援資金になります。
総合支援資金
総合支援資金とは一般的にイメージするような生活困窮の状態で、生活再建のための資金になります。例えば家賃も払えない状態とかそうした場合です。
福祉資金
福祉資金とは一時的に必要な生活費や資金になります。
教育支援資金
教育支援資金は名前の通り、学校に通うための資金、進学の為に必要になるのだが自分の収入ではどうしようもない場合です。

生活福祉資金貸付制度の条件

これらの支援制度を利用する為の条件ですが、まずは低所得世帯であること、他の行政の支援制度を利用できない人、さらには返済の見込みも必要であり、申し込みをする市役所の区内に住んでいる、福祉貸付の連帯保証人になっていない、ということがあります。
これらすべてを満たしている必要性があります。低所得世帯とは世帯人員によって定義が違います。しかし、明確に定義があるので覚えておきましょう。例えば1人であれば平均月収が19万11千円以下、3人であれぱ33万5千円以下、ということです。人数によって低所得世帯の定義が違うので注意しましょう。
また他の制度とはなにか、となりますが生活保護とか傷病手当金とか住宅支援給付などのほかの行政の支援制度のことです。他のものが使えない、という条件が絶対にあります。

しかし、条件を満たせば市役所から借りることができるようになっているのです。

加入している生命保険会社からお金を借りる方法

もう一つ、借りることができる先としてあまり知られていないのが加入している生命保険会社になります。
契約者貸付制度というのがあり、解約返戻金の一部を借り入れることができる制度です。

生命保険の契約者貸付制度の条件

誰にでも、どんな保険サービスでもよい、というわけではなく、契約者貸付制度が利用できるのは、終身保険や養老保険などの解約返戻金があるタイプの保険限定になります。つまりは、戻ってくるお金が少なからずあるから、それを一時的に貸してもらうことができる、となるわけです。
但し、それでも借金であることには違いありませんから注意しておきましょう。そのため、保険会社から借金をしている状態、といえるわけですから利息が発生することになります。この制度のよいところとしては保険を解約する必要性がない、ということです。この手の保険であれば解約すれば戻ってくるお金が少なからずあります。
それでもよいのでは、と思うかもしれませんがかなり目減りすることになりますから、得はまったくしないことになります。そうなるのでしたら、一時的な生活苦、資金繰りが厳しいということであれば、それを凌げはどうにかなるという状態であれば加入している生命保険会社からの借入、ということにしたほうがよいでしょう。
解約してしまうと保障がなくなるわけですが、この方法であれば借金ではありますが保険自体には加入していることには違いありませんから、保障も受けることができる、というメリットがあるわけです。
申し込みは店頭、コールセンターなどになります。意外と簡単に利用することができる利便性がよい借入制度になっているので知っている価値はあります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする